注意と種類 | 空気があれば何時でも何処でもエンジョイゴムボート

注意と種類

川を行くボート

ボートの種類について

ボートは河川や湖沼、沿岸などで利用される小型の船のことです。ボートは主に小型の船を指しており、その種類も多岐にわたりますが、単にボートと言えばプレジャーボートなど遊びの用途に使われるものを指します。しかし、ボートの多くはFRPなど繊維強化プラスチックが使われ、陸上を移動させるにはやや難のあるもので、移動させるにはトラックに乗せるか専用のキャリアーを利用する必要があります。 そのため、プレジャーボートの中でも陸上での移動性を考慮したものがゴムボートになります。ゴムボートは気密性のあるチューブで船体を構成し空気を入れることで船とするものです。移動時は空気を抜いて持ち運ぶことができ、近年は安価なものも登場しレジャー向けでは湖沼での釣りや渓流下りなどに使われるようになっています。特に軽量で持ち運びがしやすいので釣り用途のものが多く販売されています。

利用する際の注意点について

ゴムボートを利用するさいの注意点としては、その強度に留意する必要があります。一般に船体の側面や前方、後方にチューブを設けて水に浮かぶようになっています。それほど耐久性を求めない場合には乗船する場所はシート状のままですが、耐久性や船上で安定して行動できるようにFRPや耐水合板、アルミニウムなどの板を敷くようになっています。 ゴムボートのメリットは収納スペースが小さくて済む反面で、デメリットとしてはすぐに利用できないという点があります。そのため、釣りなどの場合にすぐに使いたいといった点では不利です。また耐久性が強化されているものでも、ボートを引きずったりすると船体を破損させる可能性があります。 また風にも流されやすく釣りなど熱中していると思わぬ場所に移動しているといったこともあります。