HOME>レビュー>ちゃぶ台選びで失敗しないために!愛用者の声を参考にしよう!

ちゃぶ台選びで失敗しないために!愛用者の声を参考にしよう!

女性

ちゃぶ台は低いテーブルですし、折りたたみタイプもあるので、狭い日本の家庭にはぴったりのインテリアといえます。購入する際に入念にサイズを計測するという人もいます。

レビュー

設置スペースとのバランスを考えると良いでしょう!【30代 女性】

6畳の部屋に大きな本棚がひしめき合っています。断捨離で読まなくなった本を全部古本屋に買い取ってもらいました。本棚が一つ不要になったので、その本棚もリサイクルショップに売り払いました。部屋にスペースができ、数千円程度ですがお金も手に入りました。以前から、部屋にちゃぶ台が一つほしかったので、臨時収入で得たお金で買おうか迷いました。部屋全体を見渡し、座る場所も考えました。デッドスペースをなくすため、本棚横の壁にぴったりくっつけるのがよさそうです。それなら友人が来たときも、手前に引き出すだけでスペースが確保できます。ただちゃぶ台が大きすぎた場合は、部屋のドアにぶつかってしまいます。実際に縦と横の長さを測って、商品を選びました。購入したちゃぶ台が、イメージ通りスペースに収まった瞬間は、快感でした。

折りたためるタイプはとても便利ですよ。【50代 男性】

正月など親戚が集まるときだけ、ちゃぶ台を使います。割とがっしりしたちゃぶ台で、6人分の大きさです。重さはあるものの、簡単に折りたたむことができます。使わないときは押し入れにしまっています。また、息子夫婦が家で子どもの誕生日会をやるときに、ちゃぶ台を貸し出しています。折りたたんだまま運べるので便利です。二人で運べばそれほど力は要りません。息子は一人で運んでしまうくらいです。車の後部座席にも収まるので、出し入れも楽に行えます。息子はそのちゃぶ台がとても気にいっているので、譲ろうかと考えていました。その話を息子にしたら、「自分で買うからいい」とのこと。念のため、「折りたたみタイプにしたほうがいい」とアドバイスしておきました。